書斎によるときの儀礼

みなさんは書房に厳しく行かれますか?
あたしはどうしてもしばしば利用します。
がんらい児童のところからガイドブックを読むのが好きなのと、ガイドブックを選ぶ日にち自体が明るいのでガイドブックを無料で借りられる書房はあたしにとって最高の暇つぶしロケーションなのです。
よく見るのは、調理が好きなので調理のレシピ本角、旅も好きなので旅記や外国の文明などが紹介してあるガイドブックの角です。
見慣れた本棚の中で新しく入ってきたガイドブックを見かけたりしたらふと連れて帰りたくなっちゃいます。
その他にも書籍を読んだりするし、なかには新しい好みを悪戦苦闘すべくよく親しみのないセクション、園芸とか美術関係の本とかをうだうだめっくては本棚に返す、
また気になるガイドブックを取ってはぺらぺらウェブサイトをめくって返すという行為を繰り返してたりします。
けれど、書房のガイドブックを見ていて残念になることもあります。
それは、ガイドブックに記事をする人が多いに関して。
書房のガイドブックは誰かの私物ではなく、みんなで共有するためのガイドブックなので個人的な書き込むはやめてほしいなぁ。
とりわけ会話探究用のガイドブック(英国検などの検定努力対策の不調集など)は不調の回答が書き込まれたりしていると困ります。
書房のガイドブックによる礼儀、守ってほしいです。http://www.businessedirectory.com